« 山らっきょ | Main | そばの花 »

October 20, 2005

紅花大文字草

 

紅花大文字草

 

大文字草も最近は赤花の変り花がいろいろあり業者でも種類を覚えるのに追いつかない、総称して紅花大文字として売るのだが、少しの違いでお客さんが選んでいかれる。去年の良くなったよの声もきけば、枯れたとの声も聞く、山野草・実物盆栽も切生花並の価格もしくは、それ以下の価格帯の商品も近年多くなってきた。水をやる手間を除けば、切花(生花)より長く楽しめるのだが?

 紅花大文字

訪問の際クリックして下さい。

|

« 山らっきょ | Main | そばの花 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91830/6483587

Listed below are links to weblogs that reference 紅花大文字草:

» 九谷焼盆栽鉢(作家・錦生)(三) [盆栽鉢窯元・盆栽鉢作家・植木鉢作家・Bonsaipot]
九谷焼盆栽鉢 九谷錦生 (くたにやきぼんさいばち・くたにきんせい) 本多順一   昭和8年生  石川県小松市 昭和22年小松市八幡町中田錦玉に入弟、上絵付赤絵の庄三風他の技法を18年間学ぶ。 昭和41年錦生窯を開窯 昭和55年中国の景徳鎮に金沢美大の....... [Read More]

Tracked on October 20, 2005 at 10:45 AM

» 御庭焼(偕楽園)盆栽鉢(十一)御庭焼・加介・赤絵丸鉢 [盆栽鉢窯元・盆栽鉢作家・植木鉢・作家Bonsaipot]
御庭焼(偕楽園)盆栽鉢(十一)御庭焼・加介・赤絵丸鉢 (おにわやき(かいらくえん)ぼんさいばち 盆栽鉢の場合御庭焼と言えば紀州家の偕楽園鉢をさす。(他にもいろんな場所の庭で焼かれた盆栽鉢はあるのだが) 紀州御庭焼は、文政年間~嘉永5年頃まで徳川治宝が創窯し逝去まで西浜御殿の庭(偕楽園)で窯が開かれた。 無落款であるが明治時代の加介鉢と想われる。 御庭焼加介赤絵丸鉢 口径214mm-高145mm 訪問の際クリックして下さい。 ... [Read More]

Tracked on October 20, 2005 at 10:47 AM

« 山らっきょ | Main | そばの花 »